大学から給料が出る?アメリカの研究職の実態と魅力


大学から給料が出る?アメリカの研究職の実態と魅力

みなさんは「大学院」にどんなイメージがありますか? ・勉強がすごく好きな人が行くところ ・奨学金をたくさん借りないといけない ・社会人デビューが遅れてしまう などなど、マイナスなイメージを持っていないですか? 実はそれは「日本だけ」かもしれません。 なんとアメリカでは、大学院に進むと授業料を払うのではなく大学から「給料」が出るとのこと。 それだけアメリカでは研究者が重宝されています。 そこで今回は日本とは大違いなアメリカの研究職の実態と魅力について矢島さんにお話しいただきます。 矢島さんは世界中からエリートが集まるアメリカの大学院に一発合格。大学院でも狭き門をくぐり抜けアメリカの大学で研究者として働かれています。 いかに日本とアメリカの研究職が違うのか、リアルな情報をお楽しみください。


詳細はこちらから